やりたくないこと

手伝ってほしいときだけtellを寄越すフレンドは決まっている。
相手がパーティ中ではないことを確認してtellをしてくるであろうに決まっている。
どのエリアにいるか等も確認した上で何をしているのか大方の予想をつけつつ
フラグを立ててくるのであろう。

「今おひまですか?^^」

と訊かれて皆はなんと答えているのであろう。
兎も角手伝いクレクレフレンドは中身が変わってもこの切り出しなのであるが
それは私の場合に限ったことではなかろう?

丁度何もすることがなくて
何かイイ事ないかなァが口癖のお方であれば願ってもないチャンスであろうが
残念ながら手前、ほかに何もすることがなくてFFやってる訳ではない。
このゲームが好きだからわざわざ時間をひねり出して遊んでいるのであって
ゲーム内でしたいと思うことがなければログインしない性質である。

本当ならば
「ヒマじゃありません。」とその後付け入る隙もないほどにキッパリ言い切ってしまいたいところであるが
なかなかそううまい具合に言うこともできぬ。
理想とは裏腹に、言いたいことも言えずに流されてしまう部分に
毎度歯がゆい思いをぬぐいきれずにいるのだ。

結局は
「今は~~していますが、どうしましたか?」と訊き返してしまう。
どうしましたか?の部分がtell主の本題である。
それを聞いてやらねば失礼にあたるとでも思うのか自分よ。
ひまかどうかと訊ねられた時点で、手伝いの無心であるとはわかっている筈であるし
自分の本心は手伝いを拒絶したい状態にある。

この時点では、内容によっては、またtell主が手伝いを依頼してきた回数によっては
考えてみても良いという心情にあることは否めない。

これは包み隠さない私の本音であるから
そこを非難されても私にはどうにもならぬことをあらかじめ断っておく。
結果的に手伝う、手伝わないはtell主への個人的な思い入れ等により
自由自在に変化してしまう。
まァ、簡単に言えば依頼内容と人をみて決めるのだ。

#限界アイテム(古代魔法のパピルス)--- いつでるかわからないものはいやである。
#特定ジョブの証取り(暗黒騎士など)--- いつでるかわからないものはいやである。
#NM討伐(すでに沸いている状態) --- せかされるのはいやである。
#ハクタク戦 --- 当日時間ギリギリで呼ばれるのはハタ迷惑です。どうせ忍で来いとしか言われない。
※忍の装備は倉庫や家具にどっぷりつかっているのですぐは無理だ。
#プロマシアミッション --- 何よりもいやである。

上に掲げたものは、とにかくイヤでイヤでたまらないものである。


本当に気がすすまなければ正直に「今日は気乗りがしない」などと言って断りもするが
大抵は二つ返事で引き受けてしまう自分の不親切さに腹が立つこともある。
気持ちよく引き受けてやれない度量の低さというか、器の小ささというか
そう言う類の自己嫌悪にも陥る(とはいえ軽く)。
寝不足になるほど深刻なものではない。
どこかでフレンドたちによく見られたいと思っているかのような
偽善的な面を取り繕うかのように振舞う自分の態度にも葛藤が起こる。

けれども結局はイヤなものはイヤなのだ。

「今なにしてるんですか」などと探りの文言から始まるtellなぞ入れてくるのは卑怯だと
なぜ私は本人に向かっていえないのだ。

【ちょっといいですか】のあと頼みごとをダイレクトにtell一行で入れてくる
外国人プレーヤーのほうが100倍好感が持てると思うのは私だけなのか?

そして手伝いの時だけtellを寄越すフレンドを遠ざけるようになり
リストに名があるだけの存在になってゆくのがまぎれもない事実である。

フレンドになった時点でフレンドになるのではなく
フレンド登録をしたあと、どんなtellでコミュニケーションをとるかによって篩にかけられる。
その結果、本当にフレンドだと思えるようになるのはごく一握りである。


自分の心がけ次第だとは私とて、思うのだけれどな。
[PR]
by dolce_seven | 2006-07-24 03:59
<< 浦島太郎 遺失物よ・・!! >>